結婚準備

ぷちばけ的結婚式のマナーについて

結婚式のマナーとは?

マナーとは、自分と他人のための立ち振る舞いのことを指します。
生活圏を共にする、あるいはその場を共有する他人に対して不快を与えないということです。
スープの音を立てて飲むとか、ナイフやフォークをお皿にあててカチャカチャ音をたてるというような皆さんが良く知っているテーブルマナーだけでなく、宴会の席で酔って迷惑をかけるのも、ちょっとしたミスを皆の前で大声をあげてクレームを言うのも周りの人が不快に感じてしまえば、マナー違反です。

本当?その結婚式マナー

さて、結婚式にはマナーに関する情報があふれています。その中には、「本当?」っていう情報もあるのでいくつか挙げてみました。

結婚式にピアスNG?

曰く「穴をあける」ので縁起が悪いとのこと。
たしかに穴をあけるという言葉は縁起が悪そうな気もしますが・・・。

ちょっと身の回りを見れば、洋服や料理など実に様々なものに「穴があいている」わけで、それらも全部縁起が悪いということに・・・。この説はちょっと無理があるかも。
また、教会ではピアスNGという説。たしかに一部の厳しい宗派では男性はピアス禁止、女性も一対までという決まりがあるようですが、ほとんどの教会は気にもしていません。

先日、とある教会での結婚式に出席しましたが、優雅にパイプオルガンを演奏していたお姉さまの耳には3連リングのピアスがキラリと光っておりました。
まあ、ピアスに関しては、校則違反の代表格的な扱いで何となく「悪い子」的な印象を与える感じがあるためにこんなウワサが出回っているようです。

個人的には、未開拓地の原住民のようにジャラジャラとついているのはいかがなものかと思いますが、お洒落だったらよいのでは?

結婚式ご祝儀の金額「4万円は死、9万円は苦!!」

これは、前述した「穴をあける」よりひどい!!こじつけますねえ。
「3万円は散々」、「5万円は傲慢」、「6万はろくでなし」とか、他の数字もこじつけようと思えば結構簡単。

まあ、そもそも4万とか9万なら、5万か10万円にしとけーってことなのかも知れませんね。ご祝儀袋あけてお札数えた時に4枚や9枚だと「あ、1枚節約されちゃった?」感ありますものね。理由はさておき、したがっておいた方が無難かも。

結婚式謎のマナーまだまだあります。謎の割り算!!

また、ご祝儀の謎のマナーとして「割り切れる」と縁起が悪いので「2万円」とか「4万円」などの偶数枚はNGという説。

なぜが、「8万円」は漢数字の「八」で末広がりのため縁起が良いとなり、「10万円」をつつむと、そもそも「高額」なので縁起とか関係なくなります。
なんて現金な話!!日本人不思議!!
ご祝儀にはその他にも新札(しわや折り目のない)をというマナーもありますね。これは賛成です。やはり、しわくちゃのお札は、不快な気持ちになるかも。また、わざわざ銀行などに行って用意したという心遣いがうれしいですよね。

「割り切る」問題が結婚式の引出物にも波及??

前述した「2」や「4」などの「割り切ることが出来る数字」達。これが引出物や引き菓子にまで適用される場合があります。

東京あたりだと、引出物1種類と引き菓子1種類で計2種類をペーパーバッグに入れて用意したりします。そこでプランナーさんが「2個だと割り切れて縁起悪いのでプチギフトも配りませんか?」なんて提案してきます。

引出物は「ペアのマグカップ」、引き菓子は「バウムクーヘンとシフォンケーキのセット」と、あきらかに割り切れるんですけど・・・。

とある式場では「割れやすい」とか「壊れやすい」という理由で、ガラスや陶器の食器関係の引出物を売らずに銀や銅など鉄製の引出物ばかり売って売上をアップしたという話もあったりします・・・。こわい・・・。
気にしないで好きなもの買いましょうね。

結婚式のマナーはこっちの方が重要かと

形式としてのマナーをいくら守ったからと言って、その人のマナーが良いかというと別問題。

・お酒の飲み過ぎ
いくら飲んでも乱れない人は良いのでしょうが、これこそほどほどに。
結婚式に限りませんが、ろれつが回らなくなる程飲んだ挙句、同じテーブルのゲストに同じこと繰り返し言ったり、説教したり、セクハラまがいの発言したり・・・。

また、他のゲストのスピーチや新婦のお手紙朗読など、いいところで大騒ぎしたり・・・。
また、歩けなくなるほど飲んで、ホテルのロビーや控え室で倒れちゃう人もいます。これは不快を通り越して迷惑行為です。
楽しく過ごすのは良いことですが、周囲に気を使えなくなるくらい飲んではいけませんね。

・違う目的?
若いゲストにありがちです。その後の二次会で何かお約束を取り付けようと異性のゲストに夢中で話しかけている人。
ウェディングで司会をしている時にこういう「狼男子」や「肉食女子」達がいるとついつい、いじりたくなる私。
「こちらのテーブルにインタビューをしたいと思います。では・・・、そこのグリーンのドレスの女子に夢中なあなた!少しお時間いいですか?」なんて。

友人の結婚式って確かに出会いの場にはなりますが、こちらもほどほどに。
どうしても気になる方がいらっしゃいましたら、スマートに誘ってあげてください。
「後で、○○(新郎新婦)に連絡先聞いて、連絡してもいいですか?」くらい。

結婚式で連絡先を聞かれると、自分の友人のお相手の友人ってことで、断りにくいんですよ!「狼男子」諸君は女性にも断れる機会を与えてね。
そして、男子諸君に一つ言っておこう。誤解を恐れずに。
結婚式に参加しているゲストの女子達は「大分盛っている」という事実を。

ドレスを着るのに「まあ、この程度のヘアメイクでいいか。」なんて思っている女子など皆無です。もし、あなたが結婚式で「あの子ナチュラルな感じでいいなあ。」なんて思った人がいるとしたら、その子ははっきり言って「手練れ」です。
あなたがイケメンで、年収も高くって、独身だとしたら・・・。恐ろしい。
最早「狩り場」ですね。

そして、女子諸君にも言っておきましょう誤解を恐れずに。
友人の旦那さんの友人と付き合うないし、お遊びすると後々とっても面倒くさいということを。

「あ、あの人イケメン。」なんて言ってお気軽にお遊びしちゃうと、あっという間に情報は新郎から新婦へ。殿方は同性同士で集まると必ず成果を報告しあう生き物だっていうことを忘れずに。

まるで昨日釣った魚を自慢するみたいに。

また、真剣にお付き合いするにしても、何かにつけてWカップル状態です。良く言えば「親友」が4人集まっているわけですが、悪く言えば「一生比較し合いながら」生きていく感じ?ちょっと大げさですけどね。
人の結婚式は「出逢いの場」ではなく「新郎新婦を祝福する場」ですよー。

後日の結婚式マナー

これ、一番いいたいです!
後日、結婚式の悪い感想を本人やご両親に悪口じゃない体で言う人。

「ほんまは、言わんとこと思ってたんやけど、ほら、結婚式やし、縁起悪いやろ?」(何故か関西弁)なら、言うな。
「料理の味付け、あれ、関東ってかんじやったな。」とか、「あのドレスはちょっと背中空きすぎやない?まあ、最近の若い子はそんなん気にせえへんのやろけど。」とか・・・。
挙句最後に「まあ、大したことじゃあらへんから、気にせんといてな。」なんて言って。

それなら最初から言わなければよろし。(何弁?)
この、悪気があるのかないのか分からない、本人にとっても全く意味のない「悪い感想」をさらっと言う人の多いこと多い事。
それを聞いた方の両親なり新郎新婦のこと、本当に考えていますか?
悪い感想は永遠に口にチャックして、お墓までもっていきなさーい。

「いやー、先日の○○ちゃん(新婦)、ほんまに別嬪さんやったねー。お料理もおいしかったし、○○さん(新婦母)も肩の荷がおりたやろ?なんやあの料理も珍しい味付けやって、新鮮やったし、○○ちゃんのドレスも大人っぽかったー。」とか何とか言ってください。

結婚式テーブルマナー

マナーといえば、どちらかというとこのことを指すような気がしますね。
お食事でのマナー。ナイフフォークの使い分けや、スープの飲み方やら・・・。

一言でいえばどうでもいいです。あなたがおいしく食べられれば。
分からないことはスタッフに聞きましょう。

「これ、どうやって食べればいいですか?」
「この料理には、このナイフとフォークであってますか?」
で、良くないですか?

毎日まいにち、お箸でご飯を食べているのだから、知らなくていいですよね。
「大変申し訳ないのですが、お箸を頂けますか?」
で、解決!

もちろん、作り手に側は、「この料理はこのナイフとフォークが食べやすいよ。」とか、「同じナイフフォークなんてとんでもない!ソースから何から違うんだから!」とか、理由があるので苦痛じゃない人はしっかりルールを守りましょう。

また、マナーを知っている風に見せたければ「姿勢」です。
イスに浅く腰かけて、背筋を伸ばしていれば、片手フォークで食べていてもそれなりに見えます!ちなみに私、★がたくさんつきそうなフレンチレストランでも、それで乗り切りきっておりました。だって、ナイフとフォークが7種類も並んでいるんですよ!しかも料理は10品くらい、計算合わないし、言葉通じないし・・・。拷問・・・。

ちなみに私が使ったナイフとフォークは1セット・・・。主にフォークのみ。
お店に連れて行って下さったのは空港で知り合ったフランス人のご夫婦。聞けば生粋のパリ育ちで何だか高貴なお家のようで。そんな方が、その後も違うお店にたくさん連れて行ってくれたので、楽しければ大丈夫ってことです。(多分・・・。)

結婚式マナーまとめ

気にしだしたらきりがないマナーやお作法。
世の中には検定まであるみたい。

一通り勉強して、知っているのは大事なことですし、
さらっとこなしているあなたはきっと素敵です。

ですが、それを気にしすぎて本来の目的を忘れないでね。
結婚式はあくまでも「お祝い」をしに行っているのです。
「おめでとう!」って気持ちを忘れないのが、唯一最大のマナーだと思います。

ぷちばけでの結婚式パーティー

海沿いの別荘で時間を気にせず、ビュッフェパーティー。
そんな、テーブルマナーとは程遠いぷちばけのウェディングパーティーですが、
だからこそ守らなくてはならないマナーがあるように思います。

新郎新婦や私たちスタッフのマナーは、
「今日参加してくれた全ての方が楽しんで頂けるようにする。」ということ。
ですから、私たちスタッフはパーティー中も結構気軽にゲストに声をかけます。
「お食事足りてますか?」「お二人と写真撮りました?」「あっちにデザート出てますよ!」
などなど。一人として退屈をさせてはいけないと思うのです。

また、ゲストにも守って欲しいマナーがあります。
それは「皆で楽しもう」という姿勢でのぞむこと。
照れくさくてなかなか知らない人とは話せなくても
姿勢だけはそうでいて欲しいのです。

そうすれば、せっかく話しかけられた相手に対し
つれない態度にはならないと思います。

人と話すことが大好きで
全然人見知りしない人も、自分だけ楽しんでないで、
一人でも多くのゲストとコミュニケーションを
とって頂きたいと思います。
ゲスト全員がそう思ってくれたら、
そのパーティーはきっと大成功です。

ABOUT ME
TEAM ぷちばけ
TV・雑誌・舞台等各方面で活躍中のアーティストと4000組のウェディング経験を持つプランナーが別荘ウェディングを専門にプロデュースする混成チームです。 また、別荘や古民家をリノーベ―ションし、宿泊施設として自社で運営も行っています。
資料請求や内覧、お見積りなどの相談は無料です!!

ウェディングに関わることなら何でもお気軽にお問合せください。
LINE登録&メール問い合せで別荘体験宿泊プレゼント!
※応募者多数の場合は抽選となりますので御了承ください。

 

関連記事