結婚準備

結婚式(ウェディング)の相談は誰にするのがおすすめ?

【肩の力を抜いてプチリゾートを愉しむスタイルのウェディング、「ぷちばけ」のオフィシャルブログ。】

結婚式の準備はわからないことだらけで、誰に相談したらいいの?という人も多いはず。
結婚式の相談相手は、結婚した友人、親、ウェディングプランナーなどたくさんいるけど正しい相談相手に相談しないと間違った情報や知識になってしまうことも。
この記事では正しい結婚式の相談相手についてご紹介します。

結婚式(ウェディング)の相談とは

相談・・・問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすること。また、その話し合い。「相談がまとまる」「相談に乗る」「友人に相談する」「身の上相談」。(goo辞書より)
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/129079/meaning/m0u/

突然始まりましたが、今回はこの相談のおはなし。

彼にプロポーズされて両親にも挨拶し、さあ式場選びだ!という辺りからあなたは段々不安になってきます。「これで正解なのか?」という、やたらと壮大なんだけど漠然とした疑問。
既に結婚が3回目というあなたは何の迷いもなく突き進むでしょうが、今回は初婚もしくは二回目だけど一回目は結婚式を挙げていない人向けのお話しです。

そこであなたは「結婚式の準備って何をしたら良いのだろう。」であったり、「式場選びってどうすればよいのだろう。」なんて疑問を身近にいる誰かに相談したくなるわけです。
しかし、実はそんなに困っているわけではなく「私、結婚決まったんですけど。」という自慢や見栄をはりたいだけということも無きにしもあらずで、
自慢か見栄かはともかく結婚式の相談を誰かにするのは、「結婚報告」を兼ねてという場合が多いのです。
そんなわけで、相談する側と相談を受ける側にギャップが生まれます。

だって、あなたは「結婚することになりました!幸せなので食事しながらお祝いしてもらえますか?」とは言いにくいので「この度結婚することになりました!ご報告も兼ねて食事でもしませんか?ご相談したいこともあるし・・・。」なんて言っちゃうのです。そうしますと相手の方も「おめでとう。何々相談?よしよし人肌脱いでやろうか。」なんて気分でやってきちゃいます。
いざ当日「何の準備をすればいいのか分からなくて。」と、ゼクシィでも買えば分かりそうなことを思わず質問しちゃうのです。

結婚式(ウェディング)の相談したらヤバい人達

さて、そんな流れで質問しちゃいますと、質問された側は多少張り切っておりますので色々教えてくれることでしょう。既婚者であれば自分の経験を話してくれるでしょう。
しかし、あえて言いましょう。それ、不正解です!
何故なら、ウェディングの相談をしてはいけない相手の一番は「既婚の友人」です。「いわゆる先輩花嫁」あるいは「卒花(卒業した花嫁)」といわれる人達。

相談をしてはいけないというと語弊がありますね。聞くべきことと聞かなくていいことをこちらが分けておけば、とてもよい先輩であることは間違いありません。
彼女たちに聞いていいことは「●●さんの結婚式ってどうだったんですか?」や「一番思い出に残っていることは?」とか、あるいは「何か失敗したことありますか?」など。あくまでもお客様目線の意見だけです。
彼女たちに聞いてはいけないことは「結婚式の準備ってどうすればいいの?」「ドレスってどうやって選べばいいの?」など具体的な準備の仕方などです。

一つ例をあげます。
かつて私が勤めていたウェディング会社に一人のプランナーがいました。彼女は私たちの会社で結婚式を挙げた元お客様でした。自分の結婚式が終わった後、どうしてもプランナーになりたいとアシスタントのアルバイトからはじめてプランナーになった頑張り屋さんです。もう十数年前の話です。
実は最近彼女と食事をする機会があり、当時のことを思い出しながら楽しくお食事したのですが、彼女曰く「ウェディングは美しく、良い思い出として、そっと家族の大切な場所にとっておくものだよね。プランナー側から見たら全然違うものになっちゃうよね。」。

そうなんですよ。先輩花嫁さん達のお嫁さんの気持ちから見た感想は確かに参考になるのですが、結婚式の準備に関しては「分かっているつもり」なだけなので、相談したあなたがかえって混乱しちゃうんです。
未開のジャングルで現地のガイドさんを頼んだら「あれ、確か前に来た時はこっちだったはずなんだけど。」とか、天気や季節も違うのに「前はこうだったから。間違いない!」と言われたらコワくないですか?
結婚式の思い出は、大好きな彼とか、これから生まれてくる新しい家族のために家族の大切な場所にそっと置いておくものです。
「大丈夫、私、この間ウェディングやったばっかりだから、何でも聞いて!」と言っている先輩花嫁さんには少し気を付けて。気が付いたらとんでもない所に連れていかれちゃうかも!

結婚式(ウェディング)の相談したらもっとヤバい人

先輩花嫁さんに相談できなくなってしまったあなたの友人に、結婚式場に出入りしているヘアメイクさんがいたら・・・。何だか心強そう!
ああ、残念、それも不正解です!

カメラマン・ヘアメイク・司会者etc、結婚式には色々な仕事をしている人達がいます。でもね、彼等はその道のスペシャリストなのです。
「最後の挨拶でちゃんとしゃべれそうにないんだけど?上手にしゃべれるコツを教えて。」とか「私の髪質だと、うまく巻けなくて可愛くならないような気がするんだけど?」などなら、彼等に聞くのは間違っていません。
違う業種に例えると分かり易いかも。

あなたが新車を買おうとしているとして、どんな車がいいのかな?という質問をトヨタの経理にお勤めの友人に相談しているようなものです。もちろん、トヨタにお勤めしているので普通の経理マンよりは車に詳しいとは思いますが・・・。彼からしたら「トヨタ車のことは少しは分かるけど、日産やホンダのことは分からんよ。」と言うに決まっています。「うんうん、俺トヨタに勤めているから車のことなら何でも聞いてよ!え?部署?経理だけど。」って言われたらコワくないですか・・・?

結婚式(ウェディング)の相談はやっぱり家族!なのか?

先輩花嫁さんもだめ。式場で働いているヘアメイクの友人もだめ。困り果ててお家に帰ったあなた。「そうだ!ママがいた!」となります。
そうあなたのお母さまが結婚してあなたを産んでくれなくてはこの相談もないわけなので、一番身近にいる「先輩花嫁」がお母様です。

しかし、さっき先輩花嫁はだめだったよな・・・。ただの先輩花嫁じゃなく「大先輩花嫁」だから平気か・・・。とわけのわからんことを言うあなた。残念ですが不正解です。

お母さまに聞くことは「花嫁の心構え」や「義母との上手な付き合い方」、「浮気の見破り方」など、「実践!女房講座!」です。素敵なウェディングにしようと思っているあなたの相談相手にはなりません。

困ったことに他の方と違い、この方は「あなたが相談してくるのを待っている」傾向もあります。もう口出ししたくてウズウズしているのです。まあ、親孝行だと思って相談したふりをしてあげるのもいいかも知れません。
最近は友達母子みたいな関係も多いのでよりフランクに相談できるかも知れませんが、やはり母は母なのです。あなたのこと愛し過ぎてて盲目状態ですので適切なアドバイスを受けられるかどうかはちょっと疑問ですね。

結局は結婚式(ウェディング)の相談はこの人

誰とも相談できなくなったあなたは仕方がないので式場見学へ。で、式場にてようやくウェディングプランナーに会うことが出来るわけです。
当たりまえですが、これが正解です。

ウェディングプランナーについてはこちらの記事を見てみてね。
▽ウェディングプランナーの記事はこちら
ウェディングプランナーとは!?仕事内容・選び方と付き合い方など

各式場にいるプランナーさんは、自分達の式場をアピールすることが仕事ですが、準備に必要なことや式までのスケジュールなど聞きたいことは全部答えてくれます。他の式場で決めてしまうまではとても親切なので何でも聞いてしまいましょう。
ただし、あなたが他の式場で結婚式を決めてしまった後は、「お決めになった式場のプランナーさんと相談してくださいね!」なんてニッコリ(多分、目は笑ってない・・。)と言われることでしょう。
プランナーさんがあなたの相談に乗るのは、あなたが、その式場を訪れてからなので、あなたが「結婚式の準備って何をすればいいんだろう。」と悩んだときに相談する相手がいないということになってしまいますね。

結婚式(ウェディング)の相談はぷちばけにどうぞ!

というわけで、ぷちばけの出番です。
他のブログにも書かせて頂きましたが、基本的に年間の組数を制限しており、式場を運営しているわけではないので、がっつり営業をさせて頂くことはありません。

ですが、せっかく挙げるなら、出来る限り素敵で満足のいくウェディングを挙げてほしいので、ぷちばけのお客様でなくてもアドバイスはさせて頂きます。
「式場を選ぶ時に気を付けること」であったり「何の準備からすればいいのか?」など、また、他の式場で決まっていても「上手なドレスの選び方」や「予算削減の方法」なども。
アドバイスは無料なので安心してください。

実際にあった結婚式(ウェディング)のご相談

実はこのブログ、実際にあった相談を元にしている場合が多いのです。
例えば・・・
「ウェディングドレスが気に入らないんだけど・・・。」
➨ウェディングドレスの記事

「少人数の結婚式ってどうなの?」
▽少人数結婚式に関する記事はこちら
少人数結婚式とは?結婚式を少人数で行う特徴からメリット・デメリットまでご紹介

「彼が結婚式の手伝いをしてくれない!」
▽マリッジブルーに関する記事はこちら
【THE PRE-WEDDING JITTERS】マリッジブルーって何?

▽彼の重い腰をあげるには
【HOW TO WIN YOUR MEN】結婚式場選びやブライダルフェア、彼の重い腰をあげる一言

などなど、
皆さんがぷちばけに相談して頂けるとネタが増えるって寸法です。
それくらいはご容赦頂きたく!!

ABOUT ME
TEAM ぷちばけ
TV・雑誌・舞台等各方面で活躍中のアーティストと4000組のウェディング経験を持つプランナーが別荘ウェディングを専門にプロデュースする混成チームです。 また、別荘や古民家をリノーベ―ションし、宿泊施設として自社で運営も行っています。
資料請求や内覧、お見積りなどの相談は無料です!!

ウェディングに関わることなら何でもお気軽にお問合せください。

LINE登録&メール問い合せで別荘体験宿泊プレゼント!
※応募者多数の場合は抽選となりますので御了承ください。


関連記事